シルクスクリーンについて

​版、インク、スキージ(ヘラ)を使って手作業で行うプリント方法になります。

​衣類、ポスターなどに限らず平らなものであれば基本的にはプリント可能

アナログで単純なプリント方法ですがノウハウや感覚的な部分が多くあり、奥が深いプリント技法になります。

その分自分で作ったものは、思い入れのあるものになるのは間違いありません。

各作業は、その場でスタッフのレクチャーがあるので初めての方も安心してご来店ください。

制作の流れ

 

・製版

持ち込みデータを5-10分ほどで製版

来店したらデータ,原稿を渡してプリントしたいものの準備をしてお待ちください。

刷りやすいように版をスタッフが作るので、プリント位置など完成予想図を伝えてください。

 

​・印刷機に版をセット

フレームが汚れないようガムテープなどでマスキング

機材が汚れていると作ったものを思わぬ所で汚してしまいます。

版をセットし60種類以上あるカラーからインクを選んで、版にのせて準備完了!!!

 

・単色機

1色のデザインの際に使用します。

回転台と比べて稼働する箇所が少なく簡単

版もしっかり固定できるので、プリント位置も定まり、刷る際に誰かに版を押さえてもらったりという必要もありません。

1人でも簡単に制作できます。

 

・回転台

​2色以上のデザインや複数人で同時に作ったりできる印刷機

2つ以上の版を同時にプリント位置を固定できます。

刷り台も版もくるくると回り稼働箇所も多く使い慣れるとサクサクと作成できます。​

1色づつ刷り、ヒートガンなどで仮乾燥させ、2色目3色目と刷る

その為、多色の際は1色ごとに版を制作するので製版に10-20分ほどかかる事があります

 

・インクの乾燥

コンベアーを使い、インクは高温で一気に乾燥させます。

​インクが乾いていないので気をつけて台から剥がし、コンベアーに流し入れます。

※ビニールや熱に弱い特殊な繊維(アウトドアウェアなど)は制作はお断りすることがあります。

※流れてきたものをしっかり乾燥できているかチェック!!!インクが厚く塗られていたり乾燥不足の場合は着用しているうちにインクが剥がれてしまいます。

使用するインクが隠蔽性、耐久性に優れた油性のインクになるので濃色のボディでも発色が良くしっかりとインクののった仕上がりになります。